神奈川でおすすめしたい人気不用品回収業者を比較してランキング形式でご紹介

神奈川の不用品回収で自転車や三輪車は処分できる?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2019/12/24

子供がいる家庭では成長に合わせて自転車や三輪車を買い替えることがあります。また引っ越しなどでこれらが不用となるケースも見られます。使わなくなった自転車や三輪車の処分は適切な方法で行う必要があります。

神奈川県内には多くの不用品回収業者が存在します。処分方法が分からない場合などプロの業者に相談することをおすすめします。

自転車を処分するために必要なこととは

自転車を処分する場合には、まず防犯登録を抹消しなければなりません。防犯登録は法律で自転車を使う人に義務付けられており、現在の所有者を明確にするための制度になってます。自転車の盗難防止を主な目的として、都道府県ごとに指定された団体に登録します。

どのような方法で自転車を処分する場合でも、防犯登録の抹消は必要になります。 登録の有効期限は都道府県によって異なっており、一般的に約10年とされます。有効期限が過ぎている場合は自動的に失効します。

ただし自治体によっては失効後も数年間にわたってデータが保存されることがあります。有効期限が切れていても、登録を抹消の手続きを行う方がよいでしょう。防犯登録の抹消は購入した販売店の他にも「自転車防犯登録所」という看板のあるスーパーやホームセンターなどで行うことができます。

登録を抹消すれば自由に売却や譲渡、廃棄処分ができるようになります。神奈川県内には多くの不用品回収業者が存在します。より迅速に処分したい場合は、プロの不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。

三輪車を処分する場合の注意点とは

三輪車を処分する方法として最も簡単なのは粗大ゴミに出すことです。ただし三輪車はサイズが少し大きいのでゴミ袋に入らない場合があります。解体するとサイズが小さくなるので簡単に廃棄処分できます。車体をプラスチック部分と金属部分に分ければプラスチックと金属、不燃ゴミに分類して無料で回収してもらうことも可能です。

三輪車は子供が乗っても問題ないよう頑丈に作られています。ネジなどを外す際に力が入り過ぎてプラスチックが破断し、飛散することもあるので注意が必要です。軽い気持ちで解体作業を行うと怪我をする可能性があります。安全に十分注意した上で作業を行うことが大切です。

三輪車の扱いは自治体によって異なりますが、基本的に粗大ゴミとされます。粗大ゴミは縦と横、高さが30cm以上のゴミのことです。一般的に三輪車は粗大ゴミに該当するため、1台あたり数百円ほどの料金で処分することができます。不用品回収業者でも引き取ってもらうことが可能です。扱いが分からなかったり自分で解体するのが困難な場合には、不用品回収業者に相談するとよいでしょう。

自転車や三輪車の処分はプロに任せれば安心

神奈川県では多くの不用品回収業者が活動しており、自転車や三輪車の回収も請け負っています。これらを処分する際に最も身近な方法は粗大ゴミに出すことです。自治体によって異なりますが、粗大ゴミに出す際には一定の料金が必要とされます。タイヤがパンクしていたりチェーンが外れているような自転車も、粗大ゴミとして処分することが可能です。

ただしこの方法では手間と時間が必要になります。一般的な処分方法としては、まず電話で自治体に連絡します。スーパーなどで収集券を購入し、指定日にゴミ置き場に出すことになります。回収場に搬入しなければならないケースも見られます。自治体によっては自転車の処分を断られる場合もあります。

神奈川県内には様々な不用品回収業者が存在します。プロの業者に相談すれば確実に回収してもらうことができます。処分したい日時を指定できるので、粗大ゴミに出す場合よりもスムーズです。素早く自転車や三輪車を処分したい場合には、プロの業者に相談することをおすすめします。

 

自転車や三輪車は粗大ゴミとして出すことも可能ですが、不用品回収業者に依頼すればより確実です。神奈川県内では多くの不用品回収業者が活動しています。自転車や三輪車を自分で処分するのが難しい場合など、プロの業者に相談すれば安心です。

サイト内検索
記事一覧