神奈川でおすすめしたい人気不用品回収業者を比較してランキング形式でご紹介

神奈川で不用品回収を依頼するときの注意点

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/05/23

神奈川で自宅や物置にあるいらないものを処分する際に、不用品回収サービスを利用する場合には注意点がいくつかあります。

これは、不用品回収業者と利用者との間で起きたトラブルが消費者保護団体にしばしば報告されているのが理由です。

不用品の処分をトラブルが無く終わらせるためにも、利用者側も知識をある程度蓄えておく必要があります。

 

法律に基づいて許可を得ている業者かどうかを確認しよう

不用品回収を依頼する際には、まず最初に自治体から許可を得ている業者かどうかを確認する必要があります。神奈川県内で不用品回収業を営むためには、廃棄物処理法に基づいて営業を行う神奈川県内の市町村の首長から一般廃棄物収集運搬業許可を得る必要があり、これを行わずに不用品回収業を行うと無許可営業として処罰の対象となります。

ある業者が許可を得た上で営業しているかどうかは、収集運搬をする車両の側面や後面に、会社名や許可番号が掲げられているかどうかでわかります。もし掲示が無い場合は、違法な営業を行っている悪質な業者である可能性が高いので、役場や最寄りの警察署に連絡しましょう。

また、不用品回収業を営む者の中には利用価値がありそうな物を買い取ってくれる者がいますが、この行為も古物営業法に基づいて許可を得ていないと行うことができません。許可を得ているかどうかは、スタッフが古物商許可証か行商従業者証を携帯しているかどうかでわかるので、遭遇した不用品回収業者が怪しいと感じたら提示を求めて確認しましょう。

 

各サービスの料金をよく確認してから見積もりをしてもらおう

業者が提供する不用品回収サービスの内容と料金をチェックすることは、依頼する上で非常に重要です。当然のことではありますが、不用品回収業者ごとに回収料金の形態が異なっており、十分に確認をしないまま回収を依頼すると想定以上に出費がかさむことがあります。

請求に関するトラブルを防ぐためには、まず大まかな回収費用を把握することが重要です。業者に電話で問い合わせて回収して欲しい品物と数量を言えば、その内容に基づいて料金を計算してくれることが多いので相談してみると良いです。

問い合わせたからといってその業者に回収を依頼しなければならないという決まりはないので、金額を聞いて高いと感じたのであれば、別の業者に問い合わせて料金を尋ねてみましょう。 また、料金計算の結果のみで依頼先を決めず、必ず見積もりを詳細に出してもらってから依頼するかどうかを決めるのも大事です。

不用品の回収作業時にはそれに付随する作業が必要となることがしばしばあり、事前にスタッフに訪問してもらい現場や回収してほしいものを見てもらうことで、追加料金も含めた回収費用を正確に算定してもらえます。結果は見積書として受け取ることができますが、内容を見たときに不明瞭な部分があったら納得するまでスタッフに尋ねましょう。

 

賠償責任の内容も必ず確認しておこう

賠償責任の内容を確認することは、回収料金のチェックと同じかそれ以上に重要です。大きな不用品を運搬する際には造作に傷や汚れがつかないように作業を行うことが求められますが、まれにスタッフが不注意で傷や汚れを生じさせてしまうことがあります。

法令を厳守して営業している業者であれば、賠償責任の規定に基づいて自社の全額負担で修理を行ってくれるでしょう。 しかし、中には傷をつけてしまったことを依頼者に黙ったままにしていたり、傷に気がついて指摘しても自分たちの過失であることを認めようとしない悪質な不用品回収業者もおり、彼らとの間でトラブルになることがあります。

このような場合でも明らかにスタッフの過失であるという証明ができれば修理させることができますが、やったやらないの水掛け論となった結果、自己負担で壁や床を直さざるを得なくなるケースの方が非常に多いです。依頼前の賠償責任の内容確認が重要なのは、このような事態を未然に防ぐためです。

 

神奈川で不用品回収サービスを利用する際には注意しなければならないことが様々あります。しかし、最低限の心がけとして、法律に基づく許可を得ているかどうかを確認することや、サービス内容や料金、賠償責任の内容を確認した上で費用の見積もりを頼むことなどの注意点を守っていればトラブルに遭遇することなく不要な物の処分を行えるでしょう。

サイト内検索
記事一覧