神奈川でおすすめしたい人気不用品回収業者を比較してランキング形式でご紹介

神奈川の不用品回収を予約する際の流れ

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/15

不用品が生じたとき、まず最初に思いつくのは自治体の回収サービスを利用することですが、住んでいる神奈川県内の地域や不用品のサイズ・重量などによっては自分で回収場所まで運ばなければならず大変です。

そんなときに便利なのが民間の不用品回収サービスを行っている業者です。

まずは問い合わせる不用品回収業者を決めよう

不用品回収を予約するにあたって、まず行わなければならないのはなんといっても業者の選定です。公式Webサイトなどに掲載されている料金だけを見て依頼する業者を決める人が少なくありませんが、安易に業者を選ぶとトラブルに遭遇するおそれがあります。

神奈川県内には不用品回収業者が数多く存在するため、依頼先を決める作業は大変ですが、無事に処分を終えたい場合は料金以外の面も一社ずつ丁寧に確認することが重要です。例えば、行政からの許可の有無は、処分対象品がどのようなものであっても確認しておきたい事項です。

不用品によっては、無許可の者に預けることで自身が法令違反として処罰されるおそれがあるので、他の項目より先に確認しておきましょう。

また、パソコンや紙の書類を大量に処分したい場合は情報漏えい対策の内容が、粗大ゴミに相当するものの処分を依頼する場合は運搬中にトラブルが起きたときの補償内容が要確認事項といえます。もし、公式サイトなどの内容でわからない点が生じたら、直接業者に問い合わせて回答を得れば選定作業にいかすことができるでしょう。

業者の絞り込みが終わったら見積もりを依頼しよう

不用品回収業者の選定が終わったら、電話かメールで問い合わせて見積もりを依頼します。このとき、スタッフからはどのような品物を回収してほしいか聞かれるので、品目や数量などをできるだけ詳しく伝えます。

対象の不用品が少量であったり、サイズが小さければすぐに結果がでることが多いですが、処分したいものが大量にある場合や対象の品物に粗大ゴミクラスのものが含まれる場合は、担当者による訪問見積もりが実施される可能性があります。

スタッフから現場を確認したいと告げられたら、スケジュールを確保して担当者に来てもらいましょう。不用品の回収にかかる費用は見積書の内容を見れば把握することができますが、場合によってはこれが業者の選定に役立つことがあります。

絞り込んだ業者のサービスの内容と質が似通っていて1社に絞りきれないといったケースでは、見積もりの結果が決め手となることが少なくありません。もし、見積もりの結果を参考にして予約する不用品回収業者を決めたいときは、すべての業者に同じ内容で依頼するようにしましょう。

正式に不用品回収の予約をするときには契約書の内容も確認を

見積もりの結果に目を通して納得したら、その旨を告げて正式に予約を行います。予約を済ませたら、あとは指定した日時に回収スタッフがやってくるのを待つだけです。このとき、処分して欲しい品物を何箇所かにまとめておいたり、搬出作業中に邪魔になりそうなものを移動させておいたりすると当日の作業がスムーズに進行しやすくなるでしょう。

正式予約をする際には、見積書の内容を確認し、不明な部分があったらその場でスタッフに確認をとることが重要ですが、この確認作業は契約書が交付される場合においても同じくらい重要です。これは、業者に言われるがままに契約書に記名押印をしてしまうと、トラブルの責任が明らかに業者側にあるケースであっても、契約のせいで責任を追及できない状況が発生する可能性があるためです。

もし、不用品の回収を依頼する前に廃棄物処理法をはじめとする不用品回収業者が遵守しなければならない法律に関する知識を蓄えてあれば、契約内容のおかしな部分をより正確に指摘できるようになり、トラブル回避につなげられるでしょう。

 

神奈川の不用品回収サービスへの予約の流れは、各業者のサービス内容や保証、行政の許可の有無など調べるところから始まります。

業者をある程度まで絞り込んだ後は見積もりを依頼し、結果を比較して正式に予約する業者を決定しますが、その際には交付される見積書や契約書の内容を細かくチェックしておくことが回収作業開始後のトラブルを防ぐためにも重要です。

サイト内検索
記事一覧